リポビタン

製造会社:大正製薬

リポビタンDシリーズの主成分「タウリン」は、1827年に発見された含硫アミノ酸の一種で、体内のほとんどの臓器や組織に存在しています。その量は、体重60kgの人であれば約60g、体重の0.1%に相当します。中でもその70%は骨格筋に分布しています。また、心臓・肝臓や脳、目の網膜など、よく働く細胞に高濃度で含まれており、生命活動に欠かせないエネルギーの産生や各種代謝に関与しています。
リポビタンシリーズ
リポビタンA
リポビタンD
リポビタンDW
リポビタンDII
リポビタンDスーパー
リポビタンDライト
リポビタンDロイヤル
リポビタンG
リポビタンJr.
リポビタン8II
リポビタン11
リポビタンアミノ
リポビタンアミノゴールド
リポビタンこども
リポビタンファイン
参考サイト:大正製薬「リポビタンD博物館」

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved