医薬品と医薬部外品

栄養ドリンクの表記に医薬品と医薬部外品という表記を見たことがあると思います。コレってどういう違いか疑問に思ったことはないですか?ないですか、そうですか、では話が終わってしまいますのでスルーして、説明させてください。

まず、医薬品の定義
薬事法第2条第1項
この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
1.日本薬局方に収められている物
2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)
3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

要約すると中身の成分の有効性が医学的に認められており、病気の治療や予防に使われる薬を医薬品とします。

医薬部外品の定義
薬事法第2条第2項
この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であつて機械器具等でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物を除く。
1.吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
2.あせも、ただれ等の防止
3.脱毛の防止、育毛又は除毛
4.人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

要約すると中身の有効成分は医学的に認められているが、効果は人によって差がある程度ありますよ。もしくは、病気の治療を目的とせず、予防を目的につくられたものです。

と、薬事法で医薬品と医薬部外品は定義されています。よーするに、医薬品の方が効果は高いんだけど医薬部外品でもある程度の範囲で効果がありますよ。と、グレーゾーンみたいな認定をしたのが医薬部外品で、ぶっちゃげコンビニ等で栄養ドリンクを売るためにこのグレーゾーンに栄養ドリンクをいれちゃったんじゃなかろうか?

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved