栄養ドリンクについて

栄養ドリンクが世に出たのは、1962年発売のリポビタンDがドリンク剤では最初の販売された栄養ドリンクだったようです。子供の頃からCMで危機一髪のところでファイトォォ~いっぱぁ~つ!!の各種バージョンが懐かしい今日この頃です。
その後、63年グロンサン、64年チオビタドリンク、67年ユンケル黄帝液などが登場して一般社会でも徐々に普及してきた栄養ドリンクですが、ホントのところ効果があるのかどうか不思議なところですね。TVや広告で頭の中にイメージとして疲れた時に栄養ドリンクを飲めば元気が出るという一種の催眠効果で気力を振り絞ってるかもしれません。
がしかし、栄養ドリンクの中身をちゃんと調べれば、なぜ、もうひとふん張りできる力が出てくるのか理解できました。

栄養ドリンクの主成分は、タウリン、イノシトール、ニコチン酸アミド、ビタミンB1硝酸塩、ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、無水カフェイン、アルコール、安息香酸です。
アルコールとカフェインは興奮作用がありますのでこれで疲れを一時的に感じなくさせ、ビタミンB群は体内のエネルギーをより活発化させる効果がありますのでこれで疲れやストレスを和らげたりできます。そして、最近特に耳にするタウリンの効果は、高コレステロールの改善、疲労のもととなる乳酸の蓄積を抑えたり、心臓や自律神経の働きを良くしたりと、多機能な効果をもつ優秀な成分です。
上記のような疲れた体に必要な栄養素のみをギュッと凝縮されたのが栄養ドリンク。飲めば効果が出る理由もわかる気がしますよね。

主成分以外にも栄養ドリンクには各種場面に応じて、成分の量が違っていたり、他の成分がプラスされたりといろいろなバージョンがありますので成分ごとにどんな効果が期待できるのか調べてみましたので参考にしてください。

それと、用量、用法を守って正しく飲んでくださいね。瓶には、一日一本と書かれてありますが、週に一本、本当に疲れたときや今日だけは無理をしないとならない場合以外では多用はしないほうが無難です。

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved