ビタミンB6

ビタミンB6は、体内で補酵素として働き、アミノ酸とたんぱく質の代謝にかかわっています。健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進するので、特に発育期の子供や妊婦・授乳婦には不可欠です。
ビタミンB6は免疫機能を正常に保つはたらきもありや神経系に関与するため、不足すると、精神の不安定やけいれん、貧血、肌荒れ、鼻・口・眼の周りの皮膚炎、ニキビ、吹き出物、口内炎を引きおこします。
またビタミンB6は、腸内細菌によって合成されることがあるので、欠乏症が起こりにくいといわれています。

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved