エタノール

エタノールはアルコールのひとつで、慣用名としてエチルアルコールと呼ばれます。
エタノールの原料はさまざまな植物性原料(もっとも一般的には穀物やサトウキビやテンサイといった製糖原料となる作物)からつくることができます。

エタノールは肝臓で解毒されてアセトアルデヒドという物質に変えられ、中性脂肪の合成を促進する働きを持っています。最終的には脂肪細胞の中に貯めこまれ、内臓に蓄積されやすい脂肪となります。いわゆるビヤダル型の体系。基本的には栄養ドリンクには少量しか含まれないのできにするほどでもないですが。

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved