グルクロノラクトン

グルクロノラクトンは、グリクロン酸を体内で効率よく活用するために作られた成分。
グルクロン酸とは、肝臓で食物から摂取された糖分から作られ老廃物や有害物質に作用して、それらを処理する機能をもつ成分です。
疲労の原因となるのは体内の老廃物や有害物質の蓄積で、これらを処理するグルクロン酸をグルクロノラクトンは活性化されるので、疲労回復に効果的です。
効果
肝機能の促進、血行促進
じん麻疹や湿疹、中毒疹、妊娠中毒などに適応
用量
通常成人1回0.3~1gを1日3回経口服用

強力な作用がない反面、副作用はほとんどありません。

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved