パントテン酸(パンテノール)

パントテン酸は、補酵素として、次のような働きをします。
副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモンの合成を促します。副腎皮質ホルモンには抗ストレス作用があります。
ナイアシンやビタミンB2と協力して働き、脂肪酸など、からだの構成成分の合成と分解を促進して、皮膚や毛髪、神経組織を正常に保ちます。
脂肪の代謝に役立ち、血液や細胞内にある余分なコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDLコレステロール)の生成を促します。
用量
一日の目安量:6mg
1日最大分量:30mg
別名:パンテノール

栄養ドリンク解体新書へ戻る

Copyright 2006- All Rights Reserved